結婚指輪がNGな仕事

結婚指輪は仕事上の理由でつけられない場合もあります。

まずはつけてはNGの仕事からご説明しますね。

人の肌に直に触れる職は結婚指輪禁止が殆ど。

例えば、医者、看護師、介護士、救急隊員、保育士などで、衛生や安全上からとか。

院内や園内の病原菌感染の防止でと、介護などでは老人の弱った皮膚に傷つけない為と。

次に挙げられるのが、自動車整備工や電気技師等は安全上から外すように言われているとか。

結婚指輪をしたまま作業していた自動車整備工者が感電で指輪箇所を火傷したケースが実際あったそうです。

そういったケースでは即指輪を外せない為、意外に深い火傷を負ったとか。

更に、衛生上から調理師は指輪をしない人が殆ど。

中でも寿司職人などは生物を素手で扱うので絶対にNGとか。

中でも魚貝系の細菌は常温の元ではかなりの速さでの増殖する故に指輪はダメなのは当然ですよね。

中華料理人など中華鍋を扱う際は、指輪の変形の恐れがありますね。

ガソリンスタンドや自動車の整備や販売など自動車関係の仕事も車体に傷をつけてはいけないので結婚指輪はしないとか。

大事な結婚指輪に傷が付くのは嫌だからと、スーパーやコンビニなどのレジ係りの人はしない人もいるそうですよ。

販売店などで接客するような場所では、お店サイドが指輪NGとしている所もあるみたいですね。

もしも、仕事場で外す事が度々あるケースなら、紛失しないようにアイデアを練っておく事も大切かもしれませんね。