結婚指輪は買わなくてもいいもの?

結婚指輪と言っても必ずする人ばかりではないみたいです。

社会的に言って、それはアリあのかナシなのかと言ったら、それはアリになりますね。

他の国に関しては、中でもクリスチャンなどのケースだと宗教儀式のような一環でも在る為、つけない事は家族関係の緩和を妨害する事にもなりかねないので注意が必要かもしれませんね。

でも我が国では、1965年辺りから結婚式も教会だったり西洋の文化も沢山受け入れてきた為、結婚指輪は無しというのも変な話ではないのです。

随分昔の高度経済成長時代に結婚した方達は結婚指輪をつける常識がなかった人が半分以上占めていた筈ですし、今の若い世代の男女でも同じ事が言えるかもですね。

現実的に、どうして買わないのか訳を伺ってみると、仕事中出来ない為無駄とか違う物が欲しいのでという様な案外合理派な人が多数でした。

この事は男性女性共に同じだったので、男性だけの無理強いとかではないですね。

でも、お嫁さんのだけ購入する人もいるとか。

新婦が欲しがってるけど、新郎はいらないと譲らずで…といったパターンもあるそうです。

尚、結婚指輪の代わりに高級ブランドの腕時計やペアネックレスにする人もいるとか。

また、結婚指輪を諦めて挙式や新婚旅行の予算に充てる人も。

こんな時代なので

式や旅行もお金かかりますしね。

調査してみると色々な訳がありますが、結婚してから後にエタニティリングなどを記念日に奥様にプレゼントされる方もかなりいるそうですよ。

【関連記事のご紹介】婚約指輪NET